厚生年金および今後の社会保障改革 2019

厚生年金などについて 2019

 
アフィリエイトも軌道に乗ってくると、月に30万円とか50万円とか稼げたりします。あなたがサラリーマンで、副業のアフィリエイトで月に50万円稼いだら起業しますか?
 
起業したほうがいいのか?サラリーマンの副業で続けるか? 悩ましい人生の選択です。

あなたの生涯の収入に関わることなので、老後に十分暮らしていけるかリサーチしてから起業するようにしましょう。
 
年金に関する事は → 日本年金機構 で確認してください。

2019年最新|年金支給額の平均は国民年金5.5万円・厚生年金14.7万円

平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」 平成29年12月 厚生労働省 PDF によると2019年現在、国民年金支給額の平均が55,464円厚生年金支給額の平均が147,927円になっています。
家計調査年俸 総務省 PDF によると、2017年の夫婦世帯の年金支給額平均は 191.880円になります。

厚生年金(老齢厚生年金)の平均支給額の推移

厚生年金(老齢厚生年金)の平均支給額をグラフでみると、平成26年が底値で、徐々に増加傾向になっています。
今後、団塊の世代が高齢化を迎え医療費・介護費が爆発的に増加すると予想されます。現在、後期高齢者の医療費窓口負担は原則1割、介護の利用者負担も原則1割になっていますが、いずれ原則3割に引き上げられると予想されます

今後の社会保障改革について 2040年を見据えて

 
→ 「今後の社会保障改革について 2040年を見据えて」 社会保障審議会 平成31年2月1日 PDF
社会保障審議会が開催した2月1日の会合では、2040年に向けた社会保障改革に向けた議論を行いました。
社会保障審議会は、厚生労働省に設置されている審議会等の一つで 2001年(平成13年)の中央省庁再編に伴い、厚生労働省設置法第6条第1項に基づき設置されました。国の社会保障制度や人口問題に関することについて調査・審議して厚生労働省や関係行政機関に意見を述べます。

団塊の世代がすべて75歳以上の後期高齢者となる2025年度、医療・介護ニーズが急速に増加します。そして2040年には現役世代の人口が急激に減少することがわかっています。

  • 多様な労働・社会参加
  • 健康寿命の延伸
  • 医療・福祉サービスの改善
  • 社会保障の持続可能性の確保

について議論されました。
これからの日本がどのような方向に進んでいるのか?を判断する材料になりますので、 → 「今後の社会保障改革について 2040年を見据えて」 社会保障審議会 平成31年2月1日 PDF をご覧ください。

起業を考えているのなら

起業を考えていらっしゃるのなら → 「消える職業、なくなる仕事」もお読み下さい。
起業される場合は、アフィリエイトなどのテクニックの他にビジネスに関して知っていなければならない事がいくつかあります。
無料で公開されている加藤祥太さんの → 次世代起業家無料セミナーは、起業を考えている方ならチェックしておくことをおすすめします。知らないと損をする事が沢山ありますが、この無料セミナーを見ておけば回り道をしないでビジネスに参入できるようになります。