メールマガジンとは

広告
広告

メルマガ(メールマガジン)について

メルマガはメールマガジンの略で、定期的にメールを配信する媒体の事です。
メルマガは収益を上げるためのプッシュ型のコミュニケーションツールとして、今も非常に有効なマーケティング手法です。

時代にあったメールマガジンとは?

スマートフォンの利用者が多くなってるので、あなたが扱う商品によっては視覚的にも訴えやすいWebサイトに誘導する事で売上が上がります。

メルマガを配信する目的は3つ

メルマガを発行する目的は何だと思いますか?

  • 興味を惹かせる
  • 売上を促進する
  • 読者とのつながりを強化する

この3つが主なメルマガ発行の目的です。この目的を忘れないでメルマガを発行してくださいね。
読者の方にファンになってもらい、あなたのメルマガを続けて読んでもらえるように読者の役に立つ情報や読者が面白いと思う内容のメールを書いて下さい。

配信では法律違反に注意!

特定電子メール法をご存じですか?
特定電子メールは「営利目的の団体または営業を営む個人」(あなた)が、「自己又は他人の営業につき広告又は宣伝を行うための手段として送信する電子メール」を指します。(総務省 特定電子メールの送信等 に関するガイドライン 平成23年8月 PDF)

法律違反を避けるための運用方法とは

守るべき6つのポイントは次の通りです。

  • 購読の承諾を得たユーザーにのみ送信をする事(オプトイン)
  • 配信者の氏名又は名称(法人名)を記載する事
  • 配信の停止を求める通知先を記載する事(オプトアウト)
  • 配信者の住所
  • 苦情や問合せ先の受付先の記載
  • 購読承諾があった事を示す記録を保存する事

 
このなかで、配信者の氏名又は名称(法人名)を記載する事と、配信の停止を求める通知先を記載する事(オプトアウト)および苦情や問合せ先の受付先の記載はメルマガ内に記載しなければいけません。
メルマガで商売をするなら、特定電子メールの送信等 に関するガイドラインを必ずチェックして法律違反にならないようにして下さい。

メールマガジンの基本的な書き方

全体の構成を考える

メルマガは普通、以下のような構成になっています。

  • タイトル(件名)
  • ヘッダー
  • 本文
  • 編集後記
  • フッター

 タイトル

件名は15文字以内にするようにします。
ターゲットを明確にし、メリットを伝えたり、限定感をだして「本文を見たい!!」と思わせるタイトルにする。

 ヘッダー

この部分は、メルマガタイトル、発行部数およびお知らせなどの情報を掲載します。

 編集後記

編集後記は、本文では書かないあなたの身近な出来事などを書きます。一般には読者に親近感をもたせフレンドリーな雰囲気を出して読者との距離を縮めるような内容が書かれます。

 フッター

フッターは特定電子メール法にあった発行者情報やメルマガ解除の方法・リンクなどを書きます。

メルマガの運用について

メルマガで読者との信頼が築けるようになると、メール1通でも何十万円も売上を上げることができます
Webサイトでアフィリエイトをしていると、サイトを開設した分だけ作業量が増えるのに比して、メルマガはメールを1通書いて送信するだけです。
メルマガ読者を増やし、読者との信頼関係を構築できれば、これほど楽して稼げる商売はありません。
メルマガで利益をあげるポイントは、読者層を増やす事と読者との信頼関係を築く事の2つだけです。メルマガで読者との信頼関係を構築するノウハウは、スーパーアフィリエイターのだいぽんさんが販売されている 扇動」で学ぶことができます。

メルマガとブログのちがい

ブログは一般に公開される媒体ですが、メルマガはあなたが読者個人に送るあなたからの手紙のような存在です。
メルマガ読者に楽しんでもらえるメルマガを配信出来るようになれば、あなたのメルマガで読者の感情を揺さぶって心に訴える事ができます。それは商品の販売につながっていきます。メルマガは感情を詰め込むことができる媒体だという事をご理解ください。

配信する上で注意するポイント

メルマガ読者との信頼関係に基づいてアフィリエイトをするメルマガなので、役立つ情報提供とアフィリエイトのバランスが大切になります。
インターネットが普及する前には無かった、強力なコミュニケーションツールのメルマガです。メルマガ読者に喜んでもらうという基本を忘れずにメルマガを運用してください。

配信する日や時間帯を選ぶ

メルマガ配信の頻度はどのくらいが良いでしょうか?
1日1通の配信が良いと言われています。最低でも読者とのつながりを保てる範囲でメルマガを配信してください。
ある調査によれば、火曜日金曜日が開封されやすいという結果がでたそうです。
メルマガ読者がサラリーマンが多いなら、通勤時間帯の午前7時ころや昼休みの時間帯に配信すると反応が高いといわれています。

まとめ

メルマガ・アフィリエイトで苦労するのがメール読者を集めることです。
あなたがWebサイトを公開されていらっしゃるのなら、メルマガ登録用のページ( LP:ランディングページ )を作ってメルマガ読者を集めてみましょう。
それで3ヶ月してもメルマガ登録が一件もなかったら、あなたのランディングページの書き方では、相手に伝わっていないという事です。
あなたの感情や考えを伝えるための文章の書き方を身に着けてください。僕は だいぽんさんが販売している 扇動」で学ぶのが一番だと思っています。
扇動で文章の書き方のコツを掴んだら、 1ラウンドアフィリエイト で腕試しをしながら、メルマガ読者を集める方法で結果を出しましょう。

コメントは受け付けていません。

無料メルマガに参加する

広告
広告